Gyaoからテレビで楽しめるチューナー登場

夕刊フジBLOG|Gyaoからテレビで楽しめるチューナー登場らしい。価格は税・送料込みで2万4800円。

 パソコンのモニターはもともと動画には向いていない。最近は動画表現に強い液晶モニターもいくつか出てきているが、価格などとの兼ね合いもあり、なかなか気軽には利用できない。
 その点、はじめから動画を前提としている家庭用テレビなら、電波であろうがインターネットであろうが、同じようにきれいに映すことができる。大画面テレビなら臨場感もたっぷりだ。ギャオプラスにはリモコンもあるので、リビングでゆっくり楽しめる。

だそうな。生放送番組には対応しない。DLNAクライアントのGyao版という印象。つまり、以下の優位性。

  • PCを起動せずに or PCを持っていなくても、見ることができる
  • PCモニタではなく、TVで見ることができる
  • PCリテラシーがなくても、簡単に見ることができる

実際のところ、Youtubeやニコニコ動画にも対応すればキラーっぽい気がする。かつ価格も高い。売り方を工夫しないとGyao信者にしか売れない。宇野氏はこんなものを考えていたのだろうか。

次に期待。

新しいPCがほしい

毎年、1月〜3月中に新しいPCか周辺機器が欲しくなる。

小さいころ、お年玉をもらってから買うという習慣が染み付いて症候群化しているのだろうか。

で、DellでPCを物色してみたのだが、”ディスプレイなし”で安いPCが見つからない。かつ、DualかSoloか微妙に悩む。で、構成によってはOSなしにできない。意外とDellが使いにくいと感じた。

2chnaviな一日

せっかくの休日かつ研究まとめなきゃな時期なのに2chnaviを見ている自分を見て「俺って終わってる…」と思った。このままじゃ仕事はおろか…。

それはさておき、日刊スレッドガイド:年齢を重ねてわかったことを見てしみじみした。

ハムスター速報 2ろぐ 面白いweb漫画が結構よかった。スーパーリアルRPG〜もしRPGが本当に現実的だったら?〓心理学ステーション〓とか。

痴漢男がかなり良かった。2006年12月31日に完結したそうで。てか、こんなクオリティ高いもんを書いてそのまんま垂れ流すのは、すごいと思う。アートの世界とかネタの世界とか、ボランティアな精神がすごい。これも一億総ブロードバンド時代の恩恵だろか。プロは大変だろね。

てか日本はサブカルチャーで攻めるべきだと思う。外貨を。韓国とか国策でサブカルの人材を育てているそうだが、結局のところ、国策で成功するプロジェクトって少ないと思う。押さえつけても育っていく文化っていうものが本当に強い。

だから、国としては、将来有望な分野があれば、邪魔をしないように、時に支援したりして、しかしながら民間主導で、育っていくのを見るのがベストなんじゃないのかなぁと考えたのが、今日の収穫だったりする。

(だから、あえて2chを規制しないのも、国策としてはアリなんじゃないかと。だってあそこが崩壊したらその後の技術進展に制度が間に合わなくなるような気がするし。むしろ崩壊させて時代を進めて制度改革させた方がいいんかな。そこんんところはまだ読めない。)

チラシの裏ですが何か

ぶろゲです、

公私混同というか、研究分野と私的な部分がオーバーラップするのが嫌だったので、分けた。

mixiにしろやという話もあったが、基本的にインターネット上に流す情報は誰でも見れるという前提で流したほうが良いという心構えから、パブリックなブログで書こうと判断した。なんとなく、76世代の陰謀に乗っかるのも嫌だったし。mixiで公開しようが外で公開しようが変わらないと考えているし(どうせmixiの中の人は見れる訳だし)。

んで、そうとう秘密なことがあれば、それは友達関係だったら自分とこのサーバで、研究関連だったら研究室のみアクセスにしようかなってことで。

ていうか、WordPressの最新版って、今、こうして文章書いている瞬間にもオートセーブしてて、ちょっとビクった。進化してるのねん。

そんなこんなで、まぁ、とりあえず。