WordPressにてWP-Syntaxでシンタックスハイライトする

シェルスクリプトを書いていたら、無性にシンタックスハイライトにこだわりたくなったので、色々調べた。PHPで処理するものは昔からあるのだが、最近はJavascriptで処理するものが流行しているようだ。

といっても、そんなに時間をかけたくないので、プラグインとして簡単にインストールすることができるWP-SyntaxをWordpressに入れてみた。

WP-Syntaxは要求としてあったシェルスクリプトやRubyのハイライトができることを満たしている。逆にそれ以外のハイライトのライブラリでは、シェルスクリプトに対応するものが少なかった。

WP-Syntaxが用いているハイライトライブラリはPHPによって書かれたGeSHiであり、GeSHiはRailsやgnuplot, MXMLからPascalまで実に多彩なソースコードのハイライトに対応する。

入れてみたはいいものの、ハイライトされた構文に対して”font-weight: bold”がかかる。悲しかったので、

$ sed -i 's/font-weight: bold//g' wp-syntax/geshi/geshi/bash.php

にて、bashのハイライトのboldのみを排除してみた。いい感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください