バックアップ狂想曲

あやうくVPSサーバの契約切れで開発資料が吹っ飛びそうになりヒヤリとした。

この際にバックアップ取るべきものは全て取ろうという判断のもと、複数のバックアップcronプログラムの構成を始めた。

優先度としては外部に委託しているサーバ、管轄内のサーバ、ローカルのPCの順に。

Subversion

手始めにsubversionで管理している資料。subversionには複数のバックアップ方法があるが、簡単そうなsvnsyncを用いた。

WordPress

次にWordPress(本ブログ)。WordPress Database Backup 2.1.5を用いて、gmailのアカウントにバックアップデータを1日ごとに送信するように設定した。本ブログのデータは300kB程度だったので、毎日バックアップしても1年で100MB程度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください