タブレット上で電子書籍を買ってきた感想

金をタブレット上のアプリに費やした。電子書籍に対して、2,3万払った気がする。

その結果、分かったことがある。参考になるかどうか分からないが書く。

体験版商法は割と当たる

体験版商法は割と当たる。1巻は無料でその後の続巻は有料、などのサービスがあるが、そのようなケースでは、続きを今すぐ読みたいという欲望と戦うことになる。…これに勝てない。本屋なら立ち読みすれば買わずに済むのだが、電子書籍の場合、楽して家で読んでいるので、外に出るのがダルイ。本屋が営業していない時間でもある。

電子書籍の利点として24時間営業であることを忘れてはならない。実店舗の場合、買って積んで読みたいときに読む or 電車に乗っている間に時間があるからその前に買う というスタイルで本を読んでいた。それに加えて寝る前に本を読むか、となった場合に、タブレット端末で読んで気に入ったら買う、というスタイルが出来た。

ちなみに体験版の無い電子書籍は買ったことがない。Amazonで書籍をレビュー参考にして買うことはあるけれど。電子書籍についてはない。

買いにくい本が買える

携帯向けの電子書籍でよく売れているのが、実店舗で買いにくい本だ、という話は聞くが、確かにそのとおりだ。それが買える利点はある。

それは実店舗の人間に対して顔などの情報を閲覧されることが嫌だからだ。同じように電子書籍の場合、電子書籍やっている業者にクレジットや氏名などの情報を渡したくない、という個人的思想がある。いや、漏れたら嫌だし。電子情報は漏れるし。

その場合、iOS系の場合は、アプリやアドオンで処理される場合、Appleが決済を中継してくれる。Appleになら情報閲覧されてもいいけれど、得体の知れない電子書籍業者には情報渡したくない、という思想を満たしてくれる。

いや、一度、電子書籍のサイトに登録して買ってみようかな、と思ったのだが、個人情報とクレジット入力の時点で躊躇してしまう。いいのか、と。他の決済代行業者が仲介してくれるのであれば、例えリスクが同じであろうと、さらっとポチってしまうのだが。心理的な抑制だろうか。

捨てる手間がないのがいい

いや、捨てないけれど。例えば紙の書籍の場合、場所を取る。本を入れてそのままのダンボールが2,3積まれている。本棚に入りきらなくて。このまま本を買い続けると、読み終わった本が増えていくんだろうな、と思うと、対処しなければ、と思う。思うが、積極的に何かしようとは思わない。

電子書籍によって流通が最適化されてコストが安くなるので安い価格で売れよ、という気持ちになることはあるが、電子書籍だと場所とらないからそれはそれで新しい価値はあるよね、という気持ちにだんだんなっている。前述の買いにくい本を仮に買った場合、それが部屋にあるのは嫌だ。いや、別にあってもいいんだけどね。何か嫌だ。

んで、いつでも読めるといえば読めるので、それはそれで価値があるかな、と。

関係ないけれど

デジタルデータなので、本の権利者は電子書籍の販売業者に売り上げ誤魔化されることあるんじゃないの、という心配がある。電子本が売れたら売れたで、本の権利者に1度でもping(特典ダウンロードなどの形で)が飛ぶようにしないと、マズいんじゃない。

タブレット端末で外で電子書籍を読んだことはない

生活スタイル的に、外で読まないな、と。読もうと思うのは、ほぼ寝る前。メールチェックと共に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください