歯医者さんへの定期健診に行き始めた

歯医者への定期健診に行き始めた。といっても、まだ1回、歯石除去をしてもらっただけ、だけど。これからも月0.5~1回ペースで行こうかな、と。

きっかけは、2度目の抜歯。双方ともに虫歯。1回目は数年前に奥歯を。そのときに歯磨きをしなさいとレクチャーされたが、当初は気にはしたが、だんだんと怠けていった。無理。

2度目は先月。奥歯。かなり溶けて、噛んでも意味がない状態。痛む前に抜いた。このときに、もう通わないと全滅すると感じた。

歯磨きを時間をかけてしっかりする。自分は歯磨き粉が苦手だったが、つけなくても良いらしく、10分ほど時間をかけて磨く。立って磨くのは無理なので風呂に入りながら磨くようにした。他の人は本を見ながら磨いたりもするらしい。

10分の歯磨きは、今までに経験がなく、本当にこの時間は無駄だと感じた。ただ、ひたすらに磨く。毎日磨いたら、1年でどれくらいの無駄な時間を過ごすのだろう、と。1ヶ月を過ぎてから、だんだんと意識が変わり、その時間に1日の反省や不安要素、次に行うべきことなどを考えるようになった。

例えば電車で何もできない拘束された時間で何かを発想するように、歯磨きに拘束される時間にも何かが出来るような予感がある。まだ何も発想していないけれど。

そうして1ヵ月後、歯医者では、内側には歯垢が残ってはいるがよく磨けている、という判定をもらった。歯磨きの次の段階として歯間ブラシのレクチャーを受けた。「歯磨きがしっかりできていないと歯間ブラシについて教えてもやってくれない」と、教える順番に気を使われているようだ。

ここからがかなりショッキングな内容なんだけれども、歯間ブラシを歯と歯と歯肉の間に通すと血が出る。もうそれはかなり血が出る。吐血したように。どろどろの血が。その血はわるい血だから出した方が良い、という教えを頂いた。出していくと2週間くらいで血が出なくなるらしい。

そんなわけで歯間ブラシを始めることにした。歯医者さんの所で針金のものとゴムのもの、2つのものがある、と話をされ、両方とも購入して利用してみた。今はやり始めて3回目くらいだが、ゴムの歯間ブラシから始めることにした。

針金のものは、少し大きいものを買ってしまったようで入りにくかった。ブラシの大きさは小さいほうからSSSからあるのだが、インターネット上の記事ではSSSから始めたほうが良く、余裕があれば大きいものを選んでいけばよい、とのことだった。

歯間ブラシを使うと、くっさい何か、おそらく歯垢が転がってくる。自分は歯ブラシだけでは難しかったんだな、と。

両手を口に当てて息を出し鼻から吸って臭ければそれは口臭があるということだ、ということを何かで知って、以前に試したときは、やはり臭かった。どう磨いても、うがい薬を使っても、解決しなかった。それが最近は改善されつつあるように思える。

ということで、歯磨きをして血が出ることがある場合は、歯茎が腫れてきて血がたまってきて歯周病になってるっぽいので、歯医者さんに行って歯石除去やったり定期健診したりすると良いと思うのです。

ところで1回の歯石除去で1000円いくかいかないくらいの料金なので、保険制度ってすごいなぁと思うと同時に、健康保険を払っている以上使わないと損だよなぁと思う。

最近、3割負担は安い!と感動していろいろな医者に行き始めてる。どこも問題ない、という結果に終わるんだけれども。今度は整体のお医者さんに行ってみようかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください