未だに体重計測の自動化について考え続けている件について

いや、色々やってきた。
体重計を買ってきたり、Google Docsを使って「最先端!」とかやってみたり。

無理。途中で手打ちはやらなくなった。

しかし、何も言わないでほしい。
だけど、まだ諦めたわけじゃない。

乗るだけで計れるシステムがどうしても欲しいんだ!

体重計とネットワークと計測美の頃からずっと考えてるんだけど!

Aプラン
安価な体重計にWebカメラを用意し、画像認識で自動起動し、文字認識で数値を自動アップロードする方法。

もう無理。いや、「文字認識で数値を自動アップロードする」なら、できる。でも、体重計の上にWebカメラを載せつづけるのがイヤ。Webカメラが届く範囲に限定される。近くにノートPCがないと使えない。だからって無線のWebカメラを検討したり、デジカメで撮影してEyefiで送ればいいんじゃね?と考えたり。むしろ、iPhoneで撮影して文字認識すればいいんじゃね?と考えたり、した!だったら、今までどおり携帯で文字打ってDocsにアップロードするのと話は変わらないじゃん。

もうめんどい。

Bプラン
既製品を買う。WiFi Body Scale、18,000円。

買ったら負けな気がする。

Cプラン
考えに考えた結果、体重計、体重計、体重計、は!一時期、Wiiは体重計といわれてた時期があるな…

バランスWiiボードのことかぁぁぁぁぁ!!!

ということで、バランスWiiボードのHackがどのくらい進んでいるのか調べてみたところ、LinuxでBlueTooth経由で利用できるらしいことが分かった。
Use a Wii Balance Board with Linux

This is a snapshot, but the program runs just as fast as any video game. You can lean and move the circle around really fast. And in the bottom right, you can see that I weigh 81.74 kg, which is about 180 pounds.

おお、10gの精度で出てるじゃないっすか。

バランスWiiボートを使って、どのようにヒューマンインターフェースとして使おうか、という議論があるみたいだけど、

普通に体重計として使えばいいんじゃなかろうか。

ということで、今はCプランを考え中。バランスWiiボート、中古屋に売ってるかなぁ。

「未だに体重計測の自動化について考え続けている件について」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください