国内VPSサービスSaasesを契約

海外から国内までの鉄板格安VPSサービスに個人情報を振りまく趣味をしているが、次の個人情報提供先にSaasesを選択した。512MBで月450円のプランは安い。ところが6ヶ月分の料金を前払いをする必要があるらしく、512MBでもし足りなくなったら泣けるので渋々1024MBの月980円プランを契約。それでも安いのだけれども。

Ubuntu 10.04のインストールをお願いした。入るためのIDパスワードはメール本文ではなく、パスワードつきのZipに入ったPDFであった。パスワードは後のメールで送ります的な。そのPDFの生成アプリケーションはOpenOffice 3.2で、埋め込みフォントはMeiryo。おお、このIDとパスワードは自動生成ではなくて、Windows機でOpenOfficeで作成したものですか?的な感動。Office Wordを使わない点はポイントが高い。

入ってみるとbourne shellのお出迎えだったので面食らった。今のところ、それだけ。

CPUは1つしか見えない。

$ cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 23
model name      : Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU    Q8400  @ 2.66GHz
stepping        : 10
cpu MHz         : 2666.362
cache size      : 2048 KB
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 13
wp              : yes
flags           : fpu tsc msr pae cx8 cmov pat pse36 clflush dts mmx fxsr sse sse2 ss ht pbe syscall nx lm constant_tsc up arch_perfmon pebs bts rep_good aperfmperf pni dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm sse4_1 lahf_lm tpr_shadow vnmi flexpriority
bogomips        : 5332.72
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 36 bits physical, 48 bits virtual
power management:

df

$ df
ファイルシステム           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda3           111463456   1034396 104772576   1% /
none                    504404       128    504276   1% /dev
none                    509792         0    509792   0% /dev/shm
none                    509792        32    509760   1% /var/run
none                    509792         0    509792   0% /var/lock
none                    509792         0    509792   0% /lib/init/rw
none                 111463456   1034396 104772576   1% /var/lib/ureadahead/debugfs
/dev/xvda1              103380     86460     13788  87% /boot

結構なHDD容量。これで困ることなんて、Wikipediaのデータを展開するときくらいだろう。

ということで使ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください