ニンテンドー3DS発表に対して思うこと

E3でニンテンドー3DSの発表が行われ、様々な情報が出てきた。

3DSは、既存のDSと同じように2画面を持ち、DSとのソフトの互換性を有する。上部の画面のみが3Dであり、下部の画面のみがタッチパネルである。その理由は上部の画面がタッチパネルだと、画面が汚れてしまうので3Dとの相性が悪いから、とのこと。裸眼3Dへの対応は、既存の3D眼鏡からの脱却であり新たな体験、と称していた。また以前に設立したproject soraは、3DSの1タイトルのためのみの存在であったことが明かされた。何よりも3DSの展示品を見て、驚いているお客さんを見ると、これがモノが売れるための”驚き”や”わぁ”という心なんだろうな、と思わされる。

Wiiのタイトルも、画面を見る限り、よく頑張って作っているものが多い。任天堂らしいキメの細やかな作りを見ることができる。

何よりも携帯機で3Dを提供する、という方法が良い。据え置き機で3Dを提供しても、対戦をしようとしても各人が3D眼鏡を買わなければならない。任天堂ゲーム機はパーティゲームに重きを置いているので、複数人で遊べる環境かどうかが重要だ。3D対応テレビを買い揃える必要もある。何より、ゲームをプレイしている同士が3D眼鏡をしているのを見ると格好悪い。その点、携帯ゲーム機であれば、各人が自分の画面で3Dを楽しめる。3Dの画面を外に持ち出せる。3Dカメラも搭載しているので、3D画像の写真を撮って、誰かに見せる楽しみもある。据え置き機で3Dを目指している連中よりも一枚も二枚も上手である。

昨今iPhoneやiPadがゲームの世界で任天堂よりも存在感を持つ可能性について各方面で示唆されているが、この任天堂の様子を見ていると杞憂のようだ。なぜなら任天堂の強みはハードサプライヤーでありならが、自らもソフトプロバイダーであり、そしてもっとも売れる作品を作れるのが自身であることだからだ。彼らはどんなテーマもゲームとして面白くするエッセンスを知っている。例えば最近は”お絵かき”をテーマにした絵心教室DSというソフトが発売されたが、その動画が面白い。お絵かきのチュートリアルを”より分かりやすく楽しく短時間に”する方法に重きが置かれている。絵のほうも”割と本格的に”書くことができる。

彼らの、”我々は1ソフトメーカーであり面白いゲームソフトを作るためにハードを作っている、ゲームソフトが作れなければ任天堂ではない”、という姿勢そのものが携帯ゲーム機の売上に貢献している。3rdの開発陣が忙殺、もしくはポリシーのためか任天堂の作り方を勉強しきれていない点が悩みどころかのかもしれない。

iPhone組には任天堂がいない。iPhoneでどのようなゲームを作るべきかはApple自身が指針を見せることなく、完全に3rdに任せている。そのため、タッチパネルやセンサーを生かしきった面白いゲームとは何か?、の点で追求し切れていないような感がある。操作系も各ゲームメーカーは試行錯誤している状態で、全てが使いやすいと云える状況ではない。ゲームは登場し続けるだろうが、PC向けFlashゲーム以上の体験を与えてくれることはないだろうと思っている。

そういった状況を見ていると、3Dによる新たな世界観を提供するニンテンドー3DSのゲーム機としての価値は揺らがない。が、3Dになると、こんな新しい楽しみ方があるんですよ、という工夫が今のところ見えにくいし、カジュアル層に売れるようなアピールポイントが見えない、というところが不安。でも発売日にはそういった懸念が払拭されるようなものが出てくるんだろうなー、と、思いながらPSP2を待ち続ける日々であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください