Monthly Archives: 4月 2008

NGNを再考する〜まとめ

コメントを頂いたので、少し考えてみる。

今までのNGNに対する考えをまとめると、以下の効果が期待できる(はず)。

  1. 回線交換のIP化による管理コスト削減
  2. 標準化された便利なSIP的なサービス
  3. QoS課金
  4. その他サードパーティサービスの課金(iモード的な意味で)

このうち、1.と2.は表裏一体。電話の不便をあらためて考えるにて考えたことが2.で実現するのであれば便利になる。IP化するのであればSIPは避けて通れない。ここで変に維持を張って独自規格にしなかった点は、標準化する方の利益が高かったからだと考えられる。放送業界では日本は独自規格を作った。

3.はNGNで1.2.以外に価値があると流布された噂の技術だが、実際にどこに使うのかという話になって音声・動画しかありえないという状況。しかし前回のエントリで書いたとおり、ニコニコ動画のプレミアム会員サービスは一種のQoSであり、顧客がQoSに対して金を払わない状況ではないということが分かっている。問題なのは、回線を変更してまで受けたいと思うサービスがあるかどうか、だと考えられる。

4.こそがNGNの意義、iモードを固定に焼きなおしたLモードの失敗を、Q2の成功を元に考え出された第三の道であると考えている。つまり、電話料課金と共に動画サービスなどサードパーティの課金も行えるようにすることによって、コンテンツの流入を目指すもの。

ただし、この策には2点問題があると考えており、1つは現状のISPでもまとめて課金を行うことが出来る点、もう1つはiモードの時とは事情が違う点である。

ISPに対する違いを回線屋が生み出すためには、回線にかかわった課金ならではの独自性が必要であり、それが今は思いつかない。

iモードのときはWeb空間の構築を自由に行えるようにした点が評価されたが、現状では固定回線は既にオープンなWebが構築されている。課金をしやすくするために回線業者を移るユーザはいない。だとすればユーザの動きを想像してみれば、既にNGNな回線に入っていてついでにサービスを提供して課金するというシナリオになる。

携帯電話の業者変えはよく行われているが、インターネット接続の固定業者を変えたという話は、相当なマニアじゃない限り聞かない。

ただし、将来的に彼らに対して回線交換方式の廃止および原則NGN回線加入のシナリオを組み立てれば、それが出来ないわけじゃない。思い返してみれば、アナログ放送廃止の仕組みと同じことをやろうとしているのかもしれない。デジタル放送の普及は別のエントリB-CASの存在意義で述べたとおり、有料課金にあると考えられるからだ。

以上のことから、

将来も原則として固定回線は残る、電話回線は回線交換からIP化される、だとすれば大半のユーザはNGNに(NGNかどうかを意識しないで)加入する。大半のユーザが加入した時点でサードパーティ課金は現実味を帯びてくる。この1,2年の間にどうこうということはない、株主に対するリップサービスとしてNGNのQoSで遊んでいるに過ぎない。

と、自分は踏んでいる。

NGNはQoSだけじゃない

NGNはコストダウンのための云々…と最近は思うようになってきたが、この議論もつまらなくなってきた。文句言うのも疲れたのでNGNの中身について勉強中。

NGNの主要な要素はCSCF…

CSCFの3つをならべると…

S-CSCF
I-CSCF
P-CSCF

縦読みすると「SIP」

つまり…

NGNでSIPを使うことは予言されていたんだ!

とまぁRACFで資源を確保することが重要なんだと思っていたわけなんです。なってったってQoSがNGNの目玉ですから。

んでもQoSを使わないBEな優先度もあるわけで、ふしぎ!と思っていたわけですよ。QoSを使わないNGNに意義があるのか…

そこで気がついたのは、ダイヤルQ2の存在。

ダイヤルQ2とは、情報提供者様が番組(有料情報)を提供し、NTT東日本管内のお客さまがご利用になった情報料を、NTT東日本が情報提供者様に代わって回収するサービスです。お客さまは電話回線でアクセスするだけで多様な情報を手軽に入手することができます。

あの頃はQ2に勝手につながったとかなんとかで悪評が高かった。

この流れから、NGNの面白いところはQoSじゃなくて、課金をNTTが代行できる点にあるんじゃないか、と、思うようになっていった。”iモードはなぜ成功したか”の要素に携帯電話と一緒に課金を行った点がある(と囁かれている)。実はQoSは飾りで、課金代行がメイン…だったんじゃないか、と。

そうなると未来はどうなるのか。

おそらく、Webやその他サービスをNGN上で受けたくなった場合、NTTの共通したインターフェースによって、クレジット番号の入力なしに代金支払いを行うことができる。これによって代金支払いの障壁がなくなる。未成年や女性の場合、クレジット番号の所有率は低いっぽいので、彼らがネット上コンテンツに代金を支払いやすくなる。

例えばQ2は代金支払いの簡単さから悪用され問題になった。しかし悪用できないメカニズムとネットが融合すれば、より成熟した課金システムになる可能性がある。

と仮定してみたが、ここまでやってることはISPの付加サービスの課金と一緒やね。

もうちょっと便利になることが、踏み込んだ先にある予感がするのだが…

電話の不便をあらためて考える

実家に転がっていたカラーレーザプリンタやプロッタなどの残骸を処分するために車で運びながら、電話の不便さについて議論した。

2年前はFMCってすごい!と感じていた。しかし最近ではFMCを本当に使いたい?と詰問するようになっていた。その疑問がようやく氷解した気がした。

結果として、自分の中では以下が現行の電話サービスの欠点であるという結論になった。自分自身、電話にそこまで興味がない(致命的だ…)ので、正しくない可能性がある。間違っている場合は指摘を頂きたい。

  • 現行の固定から携帯への転送サービスは不十分である
  • 電話をかける際には固定、携帯の順にかけなければならない
  • 法人の電話は個人を特定できないので折り返し電話しづらい

現行の固定から携帯への転送サービスは不十分

まず、固定から携帯への転送サービスについてだが、現行の電話システムでも固定電話から携帯電話に通話を転送することが可能である。しかし、固定電話から携帯電話への転送にかかる料金は受信した固定電話側で支払うことになる。もともと固定電話へ電話した方は、固定電話への料金だけの支払いのみ。

なぜ、固定から携帯への転送に料金を支払わなければならないのか。それが不便だ。

電話をかける際には固定、携帯の順にかけなければならない

相手先に電話をかける際には、かかる料金の問題から安価な固定電話、高価な携帯電話の順にかける。これは自身が支払う通話料を削減したいからだが、かなり面倒だ。【調査発表】業務で携帯電話を利用している法人の7割は個人の携帯電話を利用という資料をインプレスR&Dが発表している通り、既に固定離れが始まっている。

この問題は固定電話の前に期待する人が存在しているかどうかがわからないためである。プレゼンスという機能を追加することで解決できるが、できれば相手側で固定電話につながらなければ携帯電話に転送してくれる方が電話をかけやすい。逆に携帯電話にかけても、固定網を使って通話できるのであれば固定を使えるような仕組みがあった方が利用しやすい。

法人の電話は個人を特定できないので折り返し電話しづらい

法人では電話番号を共有しているため、どこから電話がかかってきたのか把握することができても、折り返し電話しにくい。緊急の要件の場合は、留守録か、再度かけ直しをする必要があるが、携帯電話へのかけ直しが簡単である。よって携帯電話から電話がかかってきた場合は個人が特定できるため折返し電話をするが、法人からの場合は個人が特定できないためにしない、と言う。

そこで固定から携帯に転送してくれると助かる。相手の携帯電話の番号を知らない場合もある。その場合は特に便利だ。

ここまでの事例を考えてみると、FMCは事業者にとっては魅力があるということになる。本来できそうでできなかったサービスができるようになる。