Monthly Archives: 9月 2007

アイピーモバイルはどうすんのよ

【続報】株式買い取りは杉村会長の個人判断,アイピーモバイルは同氏に辞任を要求:ITpro

 アイピーモバイルは,森トラストが杉村五男・同社取締役会長への株式譲渡契約を結んだ件について(関連記事),契約は杉村会長の個人的な判断であったことを明らかにした。これは,9月20日昼に竹内一斉代表取締役社長と杉村会長が電話で会談して判明したという。さらに竹内社長は杉村会長に対し,経営を混乱させた責任を取って取締役会長を辞任することを要求した。

アイピーモバイルは素直に免許返上した方が…

SONYも無線でHDを飛ばす

HD画質で飛ばせるロケフリHome HD – Engadget Japanese

こっちは正統派のMPEG-4 AVCと無線LAN。

最近、「無線LANでHD」を平気にやろうとしている人が多いが、ちゃんと使えているのだろうか・・・

WiMAX免許、ドコモ、KDDI落選のシナリオ

WiMAX免許、ドコモ、KDDI落選のシナリオ − @ITという記事が出ている。

 落としどころとしてあり得るのは、2.5GHz帯の再々編によるバンド幅の追加だ。

 今回割り当てが予定されている2.5GHz帯の両脇は、現在、衛星通信で利用されている。周波数の低いほうは「ワイドスター」というものでNTT ドコモが提供している。契約数は2万2000程度。自治体や企業のバックアップ目的に使われるものだが、この免許の有効期間は2007年10月27日までだ。また、周波数の高い側には衛星テレビの1種「モバHO!」がある。契約数は非公開だが、受信に専用カードが必要で視聴は有料、コンテンツのラインアップも特に広くない。視聴者数は微々たるものではないかというのが業界関係者の推測だ。モバHO!の免許の有効期間は2008年10月31日まで。
 落としどころとしてあり得るのは、2.5GHz帯の再々編によるバンド幅の追加だ。

 今回割り当てが予定されている2.5GHz帯の両脇は、現在、衛星通信で利用されている。周波数の低いほうは「ワイドスター」というものでNTT ドコモが提供している。契約数は2万2000程度。自治体や企業のバックアップ目的に使われるものだが、この免許の有効期間は2007年10月27日までだ。また、周波数の高い側には衛星テレビの1種「モバHO!」がある。契約数は非公開だが、受信に専用カードが必要で視聴は有料、コンテンツのラインアップも特に広くない。視聴者数は微々たるものではないかというのが業界関係者の推測だ。モバHO!の免許の有効期間は2008年10月31日まで。

この2つの帯域が開放される可能性は確かに考えておいたほうがいいかもしれない。しかし、この2つまでもWiMaxなどに投資したほうが国益にかなうのかどうかは難しい判断だと思う。過当競争になれば、いくつかのキャリアは撤退を考えなければならない。それでも利用者にとっては利益になるのだから、やはり、開放するべきだろうか。

ウィルコムが1枠とっているという話が先行しているが、どうだろうか。コアの帯域が足りているのかどうかは疑問だ。

本記事ではソフトバンクとイーアクセスが近いとされているが、僕はアッカネットワークに期待している。

イーアクセスは既にイーモバイルで3G網でデータ通信を実現させているので、新しいサービスを早期投入してくるとは考え辛い。新サービスの芽潰しのように見える。

それに対してアッカネットワークスの場合はアクセスラインは持っているが、モバイルを持っていないという危機的状況であるが、コアはしっかり持っていると思うので資質はあるはずだ。

逆にそれ以外の業者には期待ができない。WiMax以外の無線サービスを既に持っている、コアが貧弱という理由があるからだ。

屋外で802.11nの距離特性を測定

屋外で802.11nの距離特性を測定した結果が伝えられている。

結論からすると、250m程度は届いたらしい。

WHDI 〜HDMIを無線で

AMIMON、WHDIチップセットの出荷開始を発表 、「非圧縮高品位ビデオの無線伝送が家中どこでも可能に – WHDI HDTV技術を世界最大の家電見本市、IFA2007(2007年度 IFA/ベルリン国際コンシューマー・エレクトロニクス展)にて展示」 – – CNET Venture View

船井電機Product Planning Divisionのゼネラルマネージャであるヨシタケ・モリヤス氏は次のように述べています。

ちょ、おま

AMIMONのWHDI技術はビデオモデムによる独自のアプローチを基盤としています。WHDIはライセンス不要の5GHz帯の40MHzチャンネルにおいて、非圧縮1080p(3 Gbpsのビデオレートに相当)の無線伝送を可能にします。20MHzチャンネルでは非圧縮720p、1080i、および1080p 24/30p(最大1.5 Gbpsのビデオレートに相当)を伝送することができ、FCC規制と日本の周波数帯域規制に適合しています。到達範囲は壁越しに150フィート以上(家屋全体)であり、またレイテンシは1ミリ秒未満です。

壁越しに30メートルいけるらしいです。

こういうのが、非圧縮無線技術で出てくるとですね、僕の研究がね、意味ないんですよ。3G bpsを伝送なんて言われちゃうとね、もう、どうでもいいやって。しかもレイテンシは1ミリ秒未満だって。

こりゃ、ちょ、おまなワケだよなぁ

IEEE802.11n用の試験システムが登場

IEEE802.11n用の試験システムが登場,東陽テクニカが販売:ITpro

731万6000円から。