Monthly Archives: 4月 2007 - Page 2

FONとセキュリティ (1)

FONのセキュリティリスクに対して何も考えていないのは、どうよ、ということで。

無線LAN部分のセキュリティ部については説明があるけれど、”その先”については話題になっていないような。

FONに一応説明っぽいことは書いてあるが、何をやっているのかさっぱり。

帯域の使い道

イーモバイルの登場で(少なくとも現状では)1Mbps以上の帯域を利用したインターネット活動が(予定では2007年6月末までに)首都圏で可能になった。

これに対して公衆無線LANはどう考えるべきか悩んでいる。たとえば、FONはどうなるか、という問いだ。

自分自身、FONの認知は高いことに驚いている。そしてFONの認知が高いということは、無線LANの認知も高いということを意味する。公衆無線LAN事業者のFONが伊藤忠,エキサイトと資本提携:ITproにあるように、日系企業も気にはなり始めているようだ。

FONのサービスモデルにはISPとの約款問題があった。すなわちISPが顧客に提供した回線をさらに”また貸し”することなかれという条項だ。このため、FONをやりたくてもやれない潜在ユーザーは存在するはず。もちろん違法にFONユーザーになっていることもあるはず。それに対してISP側が何も対処をとっていないということは、様子見の段階であるということを意味している。このままP2Pのように緩やかな黙認が行われることは間違いないと思う。

今回のイーモバイルとFONの違いは、帯域とエリア、回線使用料、そして収益モデルになる。その中で帯域を取り上げてみようと思う。

帯域の違いは1〜2Mbpsと1〜??Mbps。FONの場合、ユーザーの固定回線に左右されるので分からない。で、ユーザーがインターネットを利用する帯域としてどのくらいが必要だろうか、と考えると、2〜3Mbpsあれば不自由しないのではないかと思う。YoutubeやGyaoはイーモバイルで問題なく使えているという噂が流れている。だとすればFON(公衆無線LAN)はそれ以上の帯域でどんなユーザーエクスペリエンスを与えられるのか、と疑問に思った。

それはADSLと光回線の違いにも共通しての疑問だ。

だから帯域を食いつぶすような新しい何かが必要だという思いは今でもある。

OpenWRTでもMIMOは可能か

アクセスポイントのファームウェアでは、今までOpenWRTの方を追っていたのだが、DD-WRTの方も調べてみた。調べた理由は、BuffaloのWZR-G144NでMIMO(802.11nドラフト)をOpenWRTファームウェア上で利用したかったためだ。

しかしながらOpenWRTで、MIMOに対するアプローチが行われている様子ではなく、期待は薄かった。最悪、自分でWRT350NのソースコードからMIMOドライバを復元するしか方法がないだろうと思っていた。

DD-WRTのサイトにて、以下の記述があった。DD-WRTはOpenWRTの派生であったと記憶している。

Support for MIMO Pre-N Routersstarting from this night, there will be full support some some common broadcom based pre-n mimo routers like the Linksys WRT300N v1, Linksys WRT350N (gigabit ethernet) and the Buffalo WZR-G300N. client and ap mode are both fully supported, but as always there are some glitches in the configuration left. but the basic stuff is working.
so watch out for new v24 betas (and hopefully finals soon)

Linksys WRT300N(v1)に基づくPre-N(802.11nドラフト)に完全サポートすると記述してあるように思える。BuffaloのWZR-G300NはこのWRT300Nと互換性がある(というかLinksysのOEMでは?)。

このWRT300Nは海外版なのだが、私はそれの日本版がWRT144Nであると思い込んでいる。すなわち、300と144は帯域を表すものなのだが、それはチャンネルボンディングの差である。

よって、DD-WRTのv24 betaのソースを参照することで、WRT144NのOpenWRTでもMIMOが利用できないかという希望が生まれたわけである。

現状はその他の作業で忙しいので実証できないが、時間が作れたら5月頃に試してみたいと考えている。
(でもmadwifiで11nサポートするという情報が出ているので、今後はAtherosチップのアクセスポイントに環境を移して生きたいと考えている…)