Category Archives: HDTV

より高速な接続を目指して,有線LANへの誘惑

より高速な接続を目指して,有線LANへの誘惑:ITproにて、無線LANの低速さに業を煮やし、有線LANへ切り替えたという記事が伝えられている。

 考えあぐねた揚げ句,ケーブルを窓から外に出して屋外配線することにした。20mの屋外用のLANケーブルと,サッシの隙間から通せるケーブルを用意し,ベランダの下を通したり,エアコンの配管の裏にはわしたりとできるだけ見えない工夫をしつつ,作業した。作業時間は3時間程度だったように思う。

 自室は元々,ギガビットのハブを利用していたので,リビングにもギガビット対応のハブを設置,一気に高速化を図った。体感上も圧倒的に速く,個人的には大満足であった。

 参考までに,接続方法別に自室とリビングとの間の通信速度を測ったのでお知らせしよう。無線LAN(IEEE802.11a)利用時は17.8Mbps だったのが,1000BASE-Tでは135.0Mbpsにアップした。インターネットアクセス時のレスポンスも良くなったように感じている。

少なくとも、有線LANを敷くことのできる宅なら有線LANを敷いた方がいい。無線LANは有線LANに比べて低速かつ不安定だ。

無線LANの魅力はケーブルレスな点で、例えば充電池付のノートパソコンなら本当にケーブルなしで通信できる点に尽きる。だからこそ、ポータブルな機器かつある程度の帯域しか使わないストリーミングの場合、真価を発揮する。それに当てはまるのは、VoIPのような電話機やロケーションフリーテレビの経路としての利用方法である。逆にバースト的に転送したい場合、有線に比べてスループットが稼げないので、引用元の記事のように感じてしまう。これはもともと有線と無線の性質にかかわる問題なので仕方ない。

実際、家を新築するならギガビットイーサのハブを敷設するし、そうでなくても、高速な回線が欲しければ工事をして入れるべきだと思う。問題なのは、そうした高速な回線が必要な利用方法があるということである。映像はHD化によってとんでもないサイズになってきているので、もし、自宅で伝送したい要求が生まれたらギガビットイーサハブを導入するだろうと思う(すでに自宅は全室に100BASE-TXを配線済みなんで)。

意外だったのはPLCよりも無線LANの方が速かったこと。100BASE-TXのスループットが65Mbps程度だったこと。下手をしたら802.11nの方が速いかもしれない。

HDTVという言葉と世界

原稿を書いていて、「HDTV映像」という言葉に違和感を覚える。

HDTVはやはりテレビ放送を意味しているように思え、高精細度テレビジョン放送 – Wikipediaを見ても「高精細度テレビジョン放送」となっている。頭の中では”テレビ放送と光メディア記録媒体による映像やPCの映像は違うのでは?”という混乱の仕方をしている。

海外提出する原稿の場合は、歴史認識の違いによって日本のHDTVと海外のHDTVの認識の相違が出てしまうのではないかという懸念がある。

そんなときに便利なのが本家wikipediaの記事である。Wikipediaでは専門家が判断した厳密な意味は求められないが、広くそう思われている意味であれば求めることができる。見る限り、HDTV videoという表現は利用されているようで、問題はないようだ。

以上のことから、テレビ放送が映像の規格を作り、それを中心に話をしていくべきだということが再確認された。改めて書くと、”テレビ放送が映像の規格を作る”のはひどく当然のように思えてきた。

加えて日本以外のHDTV放送はビットレートが違うはずなので、結局は日本の場合に限定せざるを得ない。

BD vs HD DVD(2)

【裏CES】Blu-ray対HD DVDの戦いを違う側面から調べてみた – デジタル家電 – Tech-On!にて、Blu-ray対HD DVDの戦いをレポートしている。

 ほかの中堅プロダクションのブースに行って「次世代DVDのコンテンツを出す計画はないか」と聞いてみた(詳しくは書けないがちょっとマニア系のコンテンツを作っているプロダクションだった)。すると,計画があるとのこと。「まずはHD DVDのコンテンツを作って5月に出す。その後で,データをコンバートしてBlu-ray Disc版も作る」という。

どうやら、この記者の調べたところによると、HD→BDの順番にコンテンツを作っていくらしい。

データのコンバートの仕方によるかもしれないが…よもやHDとBDが同じ画質になることは…たぶんあり得ないと信じたいが…

「HD DVDのコンテンツを作って」という作る作業がなんなのか良く分からないが、とりあえず映画はHDの方が頑張っているらしいことは伝わってくる。

Wireless HDMIは2007年下期に登場

「Wireless HDMIは2007年下期に登場」,Tzero社が見通し語る – ブロードバンド・インタフェース – Tech-On!にて、Wireless HDMIが2007年下期に登場する見通しであると伝えている。

 「Wireless HDMIは2007年下期に登場する」−−。HDTV映像の無線伝送技術を展開する米Tzero Technologies,Inc.は,同社のチップセットを搭載した機器が2007年下期にもお目見えする見通しを明かした。

HDMIを伝送する無線技術としてUWBを考えているという。

Krishnamoorthy氏 HDTV映像を無線伝送したいというニーズは大きい。

そうですか。

確かに今までHDMIを無線伝送しようという発想がなかった。素直にHDTVを無線伝送しようと考える場合、何処を無線化するかというと、以下の手法が考えられる。

  1. 送信局から受信局のチューナーまで(地上波・衛星デジタル放送)
  2. チューナーからデコーダーまで(DTCP-IP?)
  3. デコーダーからディスプレイまで(Wireless HDMI?)

正直、1番目や2番目がニーズが大きいだろうと考えてきたが、3番目の選択肢も(米Tzero Technologies,Inc.社によると)「ニーズは大きい」らしい。

…その発想はなかったわ。

SEDに冷めた東芝

ITmedia News:SEDで賭けに出たキヤノン 熱冷めた東芝では、

 キヤノンが12日、東芝と共同で進めていた次世代薄型テレビ「SED(表面電界ディスプレー)」事業を単独で展開することを決めた。同社にとっては、まさに悲願でもある「家電事業」への進出に向け、大きな賭けに打って出たといえる。SEDへの熱が急速に冷めてきたとされるパートナーの東芝との温度差も、単独へと背中を押したようだ。

と、東芝が「いちぬーけた」とSEDから撤退したとしている。

HD DVDといい、SEDといい、東芝は何かと忙しそうだ。

BD vs HD DVD(1)

ITmedia News:次世代DVD戦争は“早期決着”? 「ソフト数が4月逆転でBD」説という興味深い記事。

 陣営を引っ張る東芝の藤井美英執行役上席常務は、7日の会見で、新商品をお披露目し、こうぶち上げた。

 「PS3は、あくまでゲーム機。主なユーザーである子供が映画ソフトを次々に買うとは思えない」(同社首脳)と、BD陣営を牽制(けんせい)する。実際、ソフトの数では、ワーナー・ブラザーズ、パラマウント、ユニバーサルなどが07年に新たに300イトル以上を発売する予定で、BDを上回っている。

ぶちあげすぎです。ゲーム機としてWiiに”圧されている”PS3の先はAV PS3しかない。かつ、PS3の購入世代は子供ではなく所得がありデジタルテレビを所有するHDTV狂のアダルト層である。「主なユーザーである子供が映画ソフトを次々に買うとは思えない」という発言は執行役上席常務としてはまずいのではなかろうか。

 BD陣営が、「PS3所有者の80%が映画ソフトを購入すると回答した」(パーソンズ議長)とむきになって反論するように、映画ソフトの数が、規格争いの行方を大きく左右することは間違いなさそうだ。

この反論は正しいと思える。

HD DVDは何かヤバい。
(続かない)

iPhoneの強気

ITmedia +D PC USER:Appleの新たな始まり――スティーブ・ジョブズ氏基調講演(後編) (1/2)にあるとおり、iPhoneというMacの入った素晴らしい携帯が出るにあたり、iPhoneという商標はCiscoと円満解決したのかね、と思っていたら、

ITmedia News:[WSJ] Ciscoの訴訟は「愚か」、Appleが強気のコメントと、Cisco既に訴訟してるし、Apple既にコメントしてるし…!!

 「携帯電話にiPhoneという名前を使った企業は当社が初めてだ。Ciscoがそのことで当社に異議を唱えたいのなら、勝つ自信はある」(同氏)

もうっ、ジョブズったら強気。M$だけでなくCiscoにケンカ売れるのはジョブズくらいのものです。Ciscoも流れに乗ってITmedia News:「iPhone」登場、Linksysから出してますから。そりゃ(形だけでも…!!)怒りますよ?(訴えた方のiPhone覚えてもらうために)訴えますよ?

ちなみに平行して登場したApple TVに一言いいたい。

iTVじゃなかったの?

あっと、iPhoneもiTVも無線LAN持ってます。とりあえず。

げに恐ろしきは「コネクテッド・ホーム」

M$マンセー派ではないので、前回のエントリである「X-BOX 360の本領発揮とWindowsの戦略」に対して反論が欲しいなーと思いつつ出ない今日この頃。

そんなゲイツ先生のCESでの講演がまたイカしてる。講演の詳細な情報については【CES 2007】ビル・ゲイツ氏が語る「コネクテッド・ホーム」構想 : トレンド – Computerworld.jpを読んでいただきたい。

とりあえず、もっとも興味深いのは、

 一方、バック氏は、IPTV(Internet Protocol Television)を提供しているAT&Tなどのサービス・プロバイダーが、セットトップ・ボックスの代わりにXbox 360を提供すると発表した。これによりユーザーは、IPTVに対応する従来型のセットトップ・ボックスとXbox 360のいずれかを選べることになる。

という内容で、セットトップボックスの代わりにXbox 360を選べるという点。非常に強力です。つまり、既にXbox 360を持っている人は買わなくていい。さらに

 これについては、IP接続デバイスとしても機能するXbox 360を使えばテレビやインターネットを利用できるというシナリオが提示されている。こうした動きは、ソフトウェアだけでなく、ホーム用のデジタル機器も提供するというマイクロソフトの将来像を示すものだ。

ということから、いままでインターネットを使ってこなかった層のデジタルへの架け橋になりえる。素晴らしい…(SONYはこーゆーことできないんだよなー)

そして家庭内のメディア配信は、

 「Vistaの一部として提供されるWindows Media Centerを使えば、テレビに接続されたPCに保存されているコンテンツを利用したり、PCなどのデバイスを使ってTV用のコンテンツを用意したりすることができる」(ゲイツ氏)

と「Vistaでいいじゃん」(byゲイツ)な状況。

そして極めつけは

 今回発表された「Windows Home Server」(従来は「Quattro」という開発コード名で呼ばれていた)も、各種のデバイスを使ってどこからでもデータにアクセスできるようにするというコネクテッド・ホーム構想の一翼を担うものだ。同サーバは一般消費者に直接販売されることはないが、ヒューレット・パッカード(HP)などのOEM ベンダーが新しいハードウェアのベースとして採用することになっており、家庭内のVista PCを接続するために使われる。

と、未だ統一されぬホームサーバ市場に挑戦していく構えだそうな。

DELLのHDTV27型液晶ディスプレイ登場

DELL 2707WFP :国内は16万8000円デビュー – Engadget Japaneseによると、2707WFPという27型HDTVの液晶ディスプレイが国内で発売されたようだ。

価格は16万8000円ということで、どこまでクーポンで安くなるのか気になる。で、Dell – 個人のお客様 ホームページを見てみると(Firefoxで見られないのが腹立つ!!)やっぱり168,000円。プレミアム価格なんだろうか。

それよりも24型が7万円台で安すぎる。というのも、デル2407WFP:滲みとマッハバンドは仕様です – Engadget Japaneseとか2407WFP レビューとか「仕様です」というM$並みの難点があるから、か。とりあえず、2407WEPを狙う人は価格にだまされずに見てから買うのがお勧めです。

どうみても(米国で売れない不良品を日本で仕様品としてさばく)在庫処分です。ありがとうございました。

X-BOX 360の本領発揮とWindowsの戦略

とうとうX-BOX 360周りが面白くなってきた。

例えばXbox 360で.NETとC#による自作ゲームを動かそう − @ITというニュースが伝えられている。この試みは実際にゲームを作れるフレームワークを提供するという意味では進んでいる。

さらにITmedia News:MS、「IPTV on Xbox 360」と「Windows Home Server」を発表という流れがある。これは少なくともITmedia News:AppleのジョブズCEO、待望の「iPhone」「Apple TV」を披露に対抗してのことだと思われるが、ゲーム機が本格的なホームメディア中枢になるためには必要なことである。

Xbox.com | ハードウェア – Xbox 360™コア システムを見る限り、D5には対応しているので真のHDTVが見ることができるのは間違いない。

そしてVistaでもっとも革新的であろうWPF(Windows Presentation Foundation)においてスタンドアロンアプリケーション、Webアプリケーションと共にX-BOX 360も範疇とするところも大きい。既にWindowsはスラッシュドット ジャパン | Windows搭載基板がアーケードゲーム業界を席巻にあるようにアーケードゲーム業界にも大きな足がかりを持っているし、W-ZERO3:シャープにおけるWindows Mobileの提供で成功したこともある。

今後、ますますWindows搭載プラットフォームは増えることだろう。その際にはWPFによる統一的な開発、すなわちワンソース・マルチプラットフォームな開発環境がMicrosoftによってサポートされる。将来の基本ソフトはLinuxであるという考えもあるが、高機能化していくGUIな世の中で正当な進化をしているのはWindowsであるといか言いようがない。そして現在の開発者はWPFをサポートする必要があるだろう。

そうした意味で、VistaはWPFを「標準」としてサポートする大きな布石となっている、との見解がもっとも正しく、一般にはアピールし難いが言うまでもなく新機能である(WPFはXPにも提供されるが不完全なもの)。そして、その出力デバイスとしてのX-BOX 360には恐怖すら覚える。日本では売れないという事情から安心をしているが、米国では売れていることから安心はできないだろう。

SONYやNINTENDOにそれだけのプラットフォームを準備する力があるか、YESかNOかと言えば…