今日はゼミだ 〜ns-3

ns-3について解説します。

簡潔に示すと以下の通り。

  • ns-3ではOTcl排除でC++とPython。コンパイルが楽になった。(だからns-2の資産は使えないよ:p)
  • 実環境との比較が楽に。Pcapファイル出力できるのでWiresharkで解析できる。実際のLinux Kernel実装のTCP輻輳制御メカニズムを利用できる。
  • エミュレーション環境の進化。リアルタイムスケジューラ。Virtual Machine(VMware)を用いてのエミュレーション。

ちなみに、ns-3は夏あたりから”特別な”進化をしており、その理由は2008 Google Codeだと思われる。実際にそれ以前のns-3は使いたいとは思えなかった。

ns-3のネイティブのTCPモジュールだと送信側のTCPセグメントのACKに値が入っていないので、Wiresharkで詳細に解析できない。NSCによるLinux 2.6.26のTCP輻輳制御を用いた送信ではACKフィールドにも値が入っていることを確認した。

個人的には実環境向けにPcap解析プログラムを書いていたので、ns-3がPcapを吐いてくれるのであれば同じ解析プログラムを利用できるので、非常に便利。C++のシナリオファイルはC派の人間ならOTclよりもとっつきやすい。

結論としては、既存のns-2の資産を利用する予定があるのならns-2を、シンプルでかつ実環境との比較をやりたい派やPcapの解析プログラムなどの資産を持っている派、新しいものは再考だよね派は間違いなくns-3を使うべきだと思う。

Linuxカーネル実装を流用できるということは、ns-3でLinuxカーネル対応のTCPモジュールを書けば、すぐに実環境で実験できるという意味だから。

  1. おひさ。

    これは興味深い

    とりあえずVmwareのCentOSに入れてみる

  2. おひさ。

    Pcapと共に歩いてきた人向きになったのは確かだね。

    使い込んでないから分からないけど!

    楽しいことできたらレポよろしく〜

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>