解析プログラムでRTP/UDPを解析してみた

無線MAC解析プログラムができて来たので、まず、RTPでテスト。送信側でMACキャプチャ(madwifi)、受信側でIPキャプチャしたものを解析プログラムを通してgnuplotでpng出力したもの。

tshark-snd070817-1612mac.png

緑のインパルスがそのMACシーケンスコントロールを送信するために費やしたMAC送信回数を示しており、赤のラインがそのMACシーケンスコントロールのRSSIを測定している。

7秒前後で2回ほどリトライリミット回数(11回)に達しているので、高確率で受信に失敗しているはずだが…

tshark-rcv070817-1612rtp.png

緑のドットが受信できたRTPパケットの総和で、赤のインパルスが損失したRTPパケット数で前回受信したRTPシーケンスナンバーと今回受信したシーケンスナンバーから算出した損失シーケンスナンバー数。このRTPパケット損失が、動画・音声の劣化として現れる。

7秒付近では特にロストしていない。矛盾。2回とも11回で送信成功したということか。

RSSIは関連性が感じられない。というか、送信側でMACキャプチャをやっているので受信側のRSSIではない。間違い。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>