DCCPの検証 (9)

2.6.21…素晴らしきLinuxカーネル。

VLCにおける検証でkernel BUGが現れることはなかった。

94MB相当の映像データの伝送を行い、ローカルに保存する設定で93MB相当が保存できた。インターフェースで輻輳を起こし、フレームが捨てられることもなかった。DCCPではRTTでWINDOWを絞っているから、ということだろうか。

査読で「DCCPという仕事を知らないのか」と言われた理由が今なら分かる。これでカスタマイズが効けばかなり使えるような気がする。お次はDCCPのRetry関係の仕事を調べてみようか。

カーネルを変更するたびにカーネルモジュール、研究のためのパッチを適用してのカーネルコンパイル、そして全ての実験のやり直しが必要なのは苦痛だが、それ以上に新しいものを触り、検証し、応用する楽しさがある。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>