WZR-G144Nのpre-N動作確認

dd-wrtのv24の07年02月09日のgenericのminiバージョンでWZR-G144Nのpre-Nが動作した。推察どおり、dd-wrtではWZR-G300Nと認識されている。

2台あるうち、1台にはすんなりインストールできたのだが、もう1台にインストールしたところ、起動後に再起動、起動後に再起動のループに陥ってしまう現象が起きた。Openwrtに戻すことは出来た。再度dd-wrtを入れて、initボタン(初期化ボタン)を押しっぱなしで起動したら、直った。initボタンで初期化できる仕組みだったのか。

WZR-G144Nでadhocモードが可能かどうか試したが、

/ # wl infra 0
/ # wl infra
1

となってしまう。

infra Set Infrastructure mode: 0 (IBSS) or 1 (Infra BSS)

となっており、0にしなければアドホックモードにならないはず。よってドライバレベルでadhocにならないようになっている、ということだろうか。

アドホックモードで利用できなければ、aodvできないのでつまらない。

ちなみに、webインターフェースから各種設定を変更できるのだが、そのWebインターフェースで

/www/js # ls
effects.js prototype.js window.js wiviz2.js

と、意外と流行り物と使っていることに気づく。なので、Openwrtの簡素なインターフェースと比べると、使いやすい印象を覚える。Openwrtはsshログインで設定することが前提なシステムで、dd-wrtはWebインターフェースから設定することを前提としているシステムのようだ。

このWebインターフェースを色々いじったら、GWの人のいないうちに1階から8階までアドホックネットワークしてみようかと考えている。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>